アロマオイルの魅力をご紹介

アロマに包まれて

アロマオイルのいろいろな使い方

アロマオイルにはいろいろな使い方ができます。
一番手軽なのはハンカチなどに好きな香りのオイルをつけて使うことです。
職場などでハンカチを使うたびにふわっと香ってリラックスさせてくれる効果が期待できます。
落とすオイルの量は1~2滴程度にしておきましょう。
多すぎるとハンカチにシミを作ってしまう可能性もあります。
自分の部屋で使う場合には、コットンなどに好きなオイルを落とし、置いておくのも手軽に香りを楽しむ方法です。
もっとしっかりとアロマの香りを楽しみたいという場合には、沸騰したお湯を入れたマグカップにオイルを2~3滴落としてみましょう。
お湯の蒸気と一緒に香りが広がります。
お湯が冷めると香りがしなくなってきますが、此処でオイルを足してもあまり香りは広がりません。
お湯を足すことで香りを楽しむことができます。
間違って飲んでしまわないように、専用のマグカップを用意するようにします。
無水エタノールや精製水を使って好きなオイルをブレンドしてルームスプレーを作ってみるのも手軽な方法です。
もっと本格的に楽しみたい場合にはアロマランプやディフューザー、加湿器などアロマオイルを使っても問題ないとされているもので利用してみましょう。

アロマオイルの効果でむくみ解消を

長時間座ったままや立ったままという状態で過ごしていると、足がむくみます。
その他にも、ホルモンバランスが乱れたり、偏った食生活、冷えなどによってもむくむ場合があります。
このような時は、体と心にアプローチできるアロマオイルが役立ちます。
むくみに効果的と言われているアロマオイルには以下のようなものがあります。
サイプレスは、体内の水分バランスを整える働きがあります。
そして、ホルモンバランスを整える働きもあるので、PMSの時期になるとむくむという人に適しています。
グレープフルーツは、血液やリンパの流れを改善して老廃物の排出を促すので、セルライト対策としても使うことができます。
ジュニパーベリーは、解毒作用と利尿効果があり、デトックスティーなどにもブレンドされています。
ローズマリーは血行を促進する他、肌を引き締めるので、足をすっきりとさせます。
また、日頃からストレスを感じていると、自律神経のバランスが崩れ、体が冷えやすくなります。
すると、血行とリンパの流れが滞り、むくみやすくなります。
この場合は、リラックス効果のあるラベンダーが効果的です。
アロマオイルは、お風呂に入れたり、ディフューザーを使うと、手軽に楽しむことができます。
ですが、リンパの流れを良くしたい場合は、キャリアオイルにブレンドしてむくんでいる部分に直接マッサージすると余分な水分が外に排出されやすくなるのでおすすめです。

pickup

ドローン
自由が丘 ヨガ
医学部 予備校 東京
軽井沢 不動産
名古屋 会社設立
池袋にある美容院

2017/9/15 更新


Copy Right (C) 2016 アロマに包まれて All Right Reserved